OA事務 未経験 正社員

未経験でOA事務の正社員を目指す場合は、まず自分の職務経歴を棚卸しする必要があります。

 

アルバイト等の短期労働を含めて、これまで行ってきた仕事をリストアップすることで、OA事務の求人に応募する際の自己PRや志望動機につなげるのです。
正社員の求人については、未経験可のOA事務の職種に絞って探すので、インターネット上で利用できる転職サイトが欠かせません。

 

自分が現在住んでいる場所から通勤できる範囲での仕事探しや、引っ越ししたい地域があってその圏内で転職先を見つけたい場合でも、条件を入力してから検索するだけで完了します。
転職支援が充実している転職サイトであれば、担当者がついてくれて、初回の面談で今後の転職活動の方針を打ち合わせすることも可能です。

 

オンラインの転職サイトには、自分自身で自由に求人情報を探して応募できるタイプと、基本的に担当者が求人情報とのマッチングを行ってくれるタイプの2種類があります。
前者は、会員でなくても求人情報の検索までは可能なケースが多いのですが、オンラインで直接申し込めるのは会員だけというのが一般的です。

 

会員でないと途中の機能までしか利用できないものの、
実際に使い勝手を確かめてから会員登録ができるので、自分にとって使いやすい転職サイトを選べるメリットがあります。

 

後者については、主にいずれかの会社で正社員として勤務した経験がある方向けで、
転職サイト上で会員登録を済ませたら、担当者から連絡がきて、今後の転職活動についての面談を行うのが基本的な流れです。

 

OA事務としては未経験であっても、すでに事務職としての実務経験がある方や、
他の仕事で活躍している方は、この担当者に求人情報の調査から任せるタイプの転職サイトで、良い職場を見つけられる可能性があります。
転職のプロのサポートを受けながら転職活動できるので、オンラインの転職サイトに比べ、未経験でもOA事務につける可能性は高いと思います。

 

 

特に、現在まだフルタイムで働いていて、なかなか転職活動をするだけの時間を確保できない場合では、
自分の希望条件だけ告げて代行してもらう方法が向いています。
OA事務の正社員に求められる素質は、周囲をよく見て、例えば営業マンが取引先に行く時に持っていく資料の準備など、
仕事がしやすい環境を整えてあげることであり、相手が求めていることを聞き出せるぐらいの高いコミュニケーション力が重要です。
観察力と高いコミュニケーション力は、OA事務未経験の人にとってカギとなる能力かもしれない程大事です。

 

その会社で使用されている情報システムや、パソコンにインストールされている表計算ソフトウェアなどを使いこなせることも大きなポイントだから、
転職活動に入る前にソフトウェアの使用スキルを証明できる検定を受けておく方もよく見られます。

 

長時間椅子に座って仕事を行う事務職ですが、経理などの専門スキルと実務経験があると、付加価値が高い人材として扱われやすくなります。

 

これまでの人生や仕事で培ってきた自分の強みをアピールして、OA事務未経験でも正社員として採用するだけの価値がある人材だと一貫して主張することがポイントです。

 

 

同じ内容であっても、これまでの仕事の経歴を記載する職務経歴書の書き方や、
入室時の挨拶の声といった細かい点を洗練させることで、より一層の高い評価を獲得できます。

 

転職サイトでは押さえておきたい転職活動でのポイントや、
履歴書の書き方といった正しいビジネスマナーも掲載されているので、転職活動に入る前の準備段階でも大いに役立ちます。

 

会員限定で履歴書の添削などを行ってくれる場合もあるので、そういった転職支援サービスはしっかり利用しておくべきです。

 

未経験でOA事務の求人に応募するのだからこそ、情報量が多い転職サイトで万全の態勢を整えておきましょう。
働きながらの転職活動は時間がかかるので、自分の市場価値をできるだけ高めたまま、転職サイトで粘り強い転職活動を行うことをおすすめします。
未経験でもOA事務として働いている人は多数いるので、諦めず準備を怠らないようにしましょう。

 

 

ハウスメーカー設計課の事務
結婚して主婦になる前にOA事務 未経験 派遣社員として大手ハウスメーカーの設計課で事務をしていました。
主な仕事は電話応対や、10数名の設計士のサポート業務です。
注文住宅や分譲住宅を設計するにあたり、設計図面は必須です。大手メーカーでは自社CADシステムをもっており、これにより図面を作成します。特に注文住宅の場合、顧客と設計士が打ち合わせを重ね、度々プラン変更が生じます。このプラン変更に合わせてCAD図面を修正する作業を手伝っていました。1つの住宅にもさまざまな種類の図面が必要になり、これらの手配も必須です。設計士は何件も案件を抱えており、日々多忙を極めています。小さな修正でも仕事は山積みになりますので、これらのフォローをすることで設計士たちから「救世主」と言われる存在になることができました。「助かった!」「ありがとう」と言われると、「役に立てた!」と実感でき、そこにやりがいを感じました。また、さまざまなプラン、デザインの住宅を見ることができ、それが完成した時には「良いものが作れた」と感動的で、その一部分に携われたことがとても嬉しかったです。CADで住宅図面を描くことも楽しく、時間もあっと言う間に過ぎて、家を作るって大変だけど面白い!と感じました。