自分は個人店の中華料理店でアルバイターとして勤務させてもらっているのですが、しごとの一番のやりがいは、お客様が気持ちよくまた笑顔で食事をされて帰って行かれることです。と言っても私はホールをやっているのですが、それでお客様があまり入らない日もあるので、そういったときは店をいつも以上に綺麗に掃除をして、いつでもお客様に気持ちよく過ごして貰える空間づくりと接客を心掛けています。またお客様がたくさん来て帰って行かれた後に食器を洗っているので、お客様今日はこのくらい入ったのだなとか、人気メニューはやっぱりこれだなと、考えながら仕事をこなしていけることが自分の仕事のやりがいです。何も考えないでしていることはつまらんし意味のないことです。考えて行動して、そこから成長できるからこそ、子どもでもしっかりと段々大人の仕事をしている姿を見て、このようになれたらいいと思い、いつも頑張っていこうとする向上心が私たち一人一人に成長を与え、仕事のやりがいを感じさせてくれるものだと言える。仕事の中で自分ができるようになっていく仕事が増えていくことで、自分はこの仕事に就いていてよかったと思える経験の一つ一つが私たちの仕事のやりがいであると言える。